ビジネス戦線に通用するSEO対策

SEOを行うには専門的な知識が要求されます。また、しては行けない行為を行い検索順位をあげたとしてもそれは一時的なもので、逆にペナルティーを与えられる事もあります。そうならないためにも、専門的な知識が必要になるのです!

日常の中で活用したい引き出物

大人になると友人の挙式に出席したりする機会も多いかと思います。そうなると、いろんな人から引き出物をいただく事でしょう。挙式でいただいた引き出物はどうしていますか。

中には使うチャンスがなくタンスの中に眠っているという人はいませんか。せっかくいただいた引き出物は、ぜひ日常生活の中でどんどん活用する様にしたいですね。

使わないまま保管していると、つい物が増えてしまう事もあるでしょう。引き出物に洗剤などの消耗品をいただいた際には、使用しやすいかもしれませんね。

人からもらった引き出物は長く大事に使い続けたいですね。毎日の中で、ふと素敵な挙式の事を思い出す事もあるのではないでしょうか。

喜ばれる既婚者向けの引き出物

結婚式の引き出物には様々な種類のものがあります。たくさんの種類の中から特に既婚者に喜ばれるものをピックアップしていきます。未婚と既婚での大きな違いはライフスタイルにあります。

実家にいるという未婚の人に対して、食器類などを贈ってもタンスの肥やしになってしまうのですが、既婚であればなかなか雑貨をそろえるのが大変なため食器類でも非常に喜ばれます。また日常生活で使う消耗品など、例え安いものでも既婚者にとっては非常にありがたいのです。既婚者向けの引き出物を選ぶのであれば、主婦目線で選んであげるように心がけましょう。

引き出物で紅茶を出すこと

一生に一度の結婚式の機会には、日ごろからお世話になっている人たちに自分たちの晴れ姿を披露したいものです。挙式に参列してくれるゲストはご祝儀を持ってきてくれるものなので、それに対して食事や引き出物などを出すことになります。

引き出物というのは品物や食品などを出すようになるのですが、最近はそれぞれが自分の好みで選ぶことができるカタログギフトにするカップルが多いものです。それに加えて、引菓子やちょっとした縁起物の品物をつけたりすることになります。縁起物としてはかつお節などが有名なのですが、長寿を願う紅茶も出す場合もあるのです。

喜ばれる引き出物とは

引き出物とは、結婚式に参加したり、実際に結婚式を開催したりした時に取り扱われます。主に食器やタオルなど、実用性のあるものを中心に選ばれることが多いですが、貰って嬉しい物を選ぶには、カタログギフトという選択肢も存在します。

実際に受け取る側の方にとって、好きな物を選ぶことができるシステムです。また遠方から足を運んだ方向けに、引き出物を手渡しではなく、宅急便で受け取ることができるといったサービスも生まれています。帰り道に荷物を持ち歩きたくない時や、お年寄りの方などにとっては助かるものです。幅広いジャンルから、好みや需要に合わせた物を選びたいものです。

知っておきたい引き出物のこと

引き出物とは祝い事があるときに招待客に送られる贈呈品のことを指します。もちろんそれだけではありませんが引き出物と聞いて人々がまず思い浮かべるのは結婚式でしょう。あくまでも縁起物ですので「割れる」「切れる」を連想させるガラス食器や包丁などは避けるという暗黙の了解があります。

また遠方からの出席者のことも考え、重くてかさばる品物は避けるのがよいとされています。現実的にすべての出席者が満足する贈り物を用意することはまず無理です。ですので最近は出席者が後日自由に品物を選べるカタログギフトの需要が高まっています。

結婚式の引き出物におすすめの品物

引き出物は、結婚式でご祝儀を頂いたお礼の品物という意味合いがあります。地域や家のしきたりによって贈るものの慣習が定められている場合があります。一般的には、結婚式の披露宴で出す飲食費の1/3程度の金額の品物を用意します。

披露宴に参列するゲストは遠方から来られる場合も多いため、引き出物を選ぶ際にはかさばらないものがおすすめです。また、好みも人それぞれ異なるため、消耗品や食べ物など、消えてなくなるものを贈ると喜ばれます。最近よく使われており、贈られる側から人気が高いのがカタログギフトです。人気の秘密は、贈られた側がカタログから自分の好きなものを選ぶことができる点です。

披露宴の引き出物、全部一緒じゃダメなの?

引き出物は披露宴のゲストに感謝の気持ちをこめて渡すものです。ゲストは、親族、会社関係、友人と立場も年齢もさまざま。全員に喜ばれるものを贈るのが難しいこと、親族からは多額のご祝儀をいただくことが多いことなどから、引き出物の内容を変えて贈る、いわゆる贈り分けをするのが主流です。

ゲスト全員の好みに合わせて変えるのは大変ですので、親族グループや友人グループなど大まかにグループ分けして変えるのが一般的です。ゼクシィ結婚トレンド調査2016調べによると、首都圏では実に88%が贈り分けを行っています。また、引き出物をすべて一緒にする場合は、内祝いの内容で差をつけるということもあります。

引き出物に欠かせないアイテムの由来

引き出物は、引き出物と引き菓子を合わせて3品か5品など半分に分けることができない奇数にして贈ります。その中には、古くからの習慣で、しきたり品と呼ばれるものを用意する地域も多くあります。

例えば、鰹節は、紅白まんじゅう・赤飯・昆布と共にしきたり品に選ばれる定番アイテムとなっています。鰹節は、鰹の背中側の身である雄節とお腹側の身である雌節を合わせると一対となり、夫婦の象徴としておめでたいとされるのでしきたり品となりました。

新郎側、新婦側それぞれ住んでいた地域により、引き出物の習慣が大きく違う場合があるので、それぞれの両親等とよく話し合って決めるとスムーズに準備が進みます。

自分で用意するなら知っておきたい結婚式の引き出物マナー

結婚式の準備において、引き出物選びは考慮すべきことが多いため、新郎新婦の想いだけでは決められない難しいものです。

まず一番初めに調べておきたいのが式場のルールです。持ち込みOKな所もありますが、NGな場合は式場のカタログなどから品物を選ぶことになります。

もし式場が希望の品物を取り扱っていない場合、宅配ギフトなどを自分達で手配する必要があります。この場合は式場スタッフのサポートを受けられませんので、ゲストに対して失礼の無いよう引き出物マナーを勉強しておきましょう。地域によって金額の相場が違う、品物には必ず熨斗をつける、など細かなルールが多々存在します。

引き出物についての関連記事

ページトップへ戻る