ビジネス戦線に通用するSEO対策

SEOを行うには専門的な知識が要求されます。また、しては行けない行為を行い検索順位をあげたとしてもそれは一時的なもので、逆にペナルティーを与えられる事もあります。そうならないためにも、専門的な知識が必要になるのです!

seoの施策

SEOとは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略。
検索エンジン(YahooやGoogleなど)の検索結果ページの表示順の上位にホームページが表示されるように工夫すること。

SEOの対策方法としては被リンクなどの外部対策と、サイト内部に行う内部対策の二つに大きく分類する事ができます。

外部対策として行われている被リンクは他のサイトにリンクを貼ってもらい自分のサイトをおすすめしてもらう事を言います。この時にリンクの数が多ければ多いほどいいと言われる事もあります。

しかし、いろんな事が複雑に絡み合っているSEO対策においては、注意しておかないといけない事もいくらかあります。スパム認定されてしまわない様に慎重に作業を行っていく必要があります。

SEO対策のためにリンクを貼っていると気付かれない様にしないといけません。くれぐれも注意して対策を行いたいですね。

seo対策の具体的な方法

seoでグーグルからの評価を得る方法は、年々変化しています。このseoは人工知能が行っており、アルゴリズムが日々改変されています。それは、グーグルがコンテンツの質の高いサイトを評価したいということを考えており、RankBrainを中心とするアルゴリズムを作っています。

具体的なサイトの判定基準は数百あり、これらをすべて追いかけていくのは不可能です。基本的にはユーザーの満足度を最大化するのがグーグルのねらいなので、それに従ってサイトを作っていけば良いです。もちろんそのやり方はサイトの数だけあるので、難しいです。

新時代のseo対策はアーカイブが鍵

seo対策とは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジンで検索した際にランキングの上位にヒットさせる為の対策の事です。多くの検索エンジンの場合、行列という数学を用いて作られているので、seo対策もそれに準じた方法がメインでした。

ところがGoogleがRankBrainというAI、人工知能を用いてランキングを決定するシステムを、既に導入していた事が明らかになり、話題になっています。囲碁や将棋のAIが過去の棋譜のアーカイブの中から、最良手を選択するように、RankBrainも、膨大なアーカイブの中から必要な情報だけを選り分ける為に、機械学習を続けて行くのですから、今後のseo対策も変化が求められそうです。

不自然さに気を付けたいSeo

夢中になってSeoの対策を行っていると、つい不自然な対策となってしまっている事に気が付かない事もありますので、注意しないといけません。

Seoを行うのはいいですが、不自然になると、厳しく取り締まりが行われる事もあります。Seoはただ行えばいいというものでもありません。

できるだけ楽をしてSeoを行いたい、もしくは結果を得たいと考える人は多いですが、実際にそうしてしまうと、結果として不自然なSeoを行ってしまっている事もあります。たとえば、文章を考えるのが面倒に感じられる時には、コピーするとボリュームは増えますが、同じ文章が大量に存在するので不自然になってしまう事もあります。

やりすぎはSeoの失敗の元

何でもいいから、ただSeoをすればいいという単純なものではありません。Seoを行うのであれば、その対策方法のクオリティが問われる事になります。

多くの人がすでに認知している通り、Seoというのは、やりすぎてしまうと失敗の元となってしまいます。Seoで気を付けたい事は、無意識の間にやりすぎてしまっているという事です。注意すべき点はたくさんありますので、ついうっかりする事がない様にしましょう。

Seoでは、一時的に対策を行うのではなくて、ずっと対策を続けるという事が大事になってきます。最初から頑張りすぎてしまうと、途中で力尽きてしまう事もありますので、そうならない様に計画的に行いましょう。

結果のでるSEOについての関連記事

ページトップへ戻る